読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷手帖(Shibuya note)

秦野市在住のデザイナー・Shibuyaのライフスタイルブログ。暮らしを彩るデザイン、ポテト、ハーブ、エッセイ、レシピなどを紹介します。

地元:名水百選おいしさランキング1位「おいしい秦野の水」を全国におすすめしたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

水はそのまま飲む、水出しに使う、料理に使うなど用途は様々。口にいれるのであれば、美味しいに越したことはない。

 

2016年に環境省が名水百選30周年を記念して開催した「名水百選選抜総選挙」の【おいしさがすばらしい名水部門】で僕の地元の秦野市の水がなんと第1位に選ばれた。秦野といえば丹沢などの山を目指す登山を目的にした観光客が多いけれど新しく水の美味しい町としても知られたらいいな。この記事ではそんな秦野の日本一おいしい水について紹介する。

 

「名水百選選抜総選挙」とは

この総選挙は環境省が名水百選(1985年)、平成の名水百選(2008年)に選定された計200の名水を対象に「観光地」「景観」「秘境地」「おいしさ」の4部門をインターネット上の投票で募ったもの。その中の【おいしさ部門】には10箇所の名水がエントリーしたが、投票数13,329票のうち得票率50%以上の7504票を獲得して秦野市の「おいしい秦野の水~丹沢の雫~」が第1位に選ばれた。

なお、総選挙の対象の「名水」についてはWikipediaによると以下のように定義されている。

名水百選とは1985年に環境庁(現・環境省)が選定した全国100箇所の「名水」とされる湧水・河川(用水)・地下水のこと。名水百選における「名水」とは、「保全状況が良好」で「地域住民等による保全活動がある」ということであり、「そのまま飲める美味しい水」という意味ではない。飲用には煮沸が必要とされているものもある。

  

おいしさ部門・全国1位「おいしい秦野の水~丹沢の雫~/秦野盆地湧水群」500ml(¥100)

「おいしい秦野の水」は秦野市上下水道局が製造・販売しており、丹沢の山々に長い年月をかけてしみ込んだ地下水をくみ上げ採水してから工場で塩素を抜いてペットボトルにして販売している。生産量は年間約6万本。市内の取扱い店舗や通販で購入ができる。500ml(100円)硬度89(軟水)(購入先は下記)

 

一番の特徴は"おいしさ"

水の味を言葉で表すのは難しいし違いを感じるのも難しい。だけどこの水は一般的な水とは明らかに口当たりの柔らかさと喉を通り抜けるときのまろやかさが違う。たぶんそんなところがおいしさ部門で評価を得た理由のひとつだと思う。お茶やコーヒー、水割りの他、香りを大切にする料理にも合う軟水。


秦野盆地湧水郡

秦野盆地の扇端部には地下水が湧出しており、その豊富な地下水を水源に全国で3番目に近代的な上水道が整備された。現在では21か所で地下水が湧き出ている。

 

 

ラベルデザインコンペが行われてリニューアル

(秦野市役所HPより)

「おいしい秦野の水」は2008年から販売されていたけれど、2014年にペットボトルの新しいラベルデザインのコンペが行われた。市内外からたくさんの応募が殺到したようで、僕はコンペが好きではないけれど秦野市主催ということでこのコンペに参加したもののあっさり落選した。当選したのは秦野市近隣にある東海大学に当時通っていた学生のようだ。

 

秦野市民として

秦野市の水に対する活動も認められ見た目も一新されたのだから、これを機に秦野の水について知ってくれた方にはぜひ飲んでもらえたらいいなと思う。普段飲料水として飲むのも、水割りとしても、調理用の水としても美味しいからおすすめしたい。また、通販ならセットで買えるから備蓄用にもぜひどうぞ。

 

通販なら24本入りセットのお取り寄せが便利

【楽天市場】おいしい秦野の水1箱( 24本入り)

 

【楽天市場】秦野市ギフト(おいしい水入り)

 

おいしい秦野の水 丹沢の雫 1箱 24本入り|秦野のお土産・名産品の通販|はだのブランドSHOP

 

また、秦野市内のそれぞれ取扱い店舗でも販売中。

取扱い店舗一覧(エクセルデータがダウンロードされます)

 (秦野市HPから)

 

秦野駅へのアクセス

(1)小田急新宿駅から急行で約1時間10分

(2)小田急小田原駅から急行で約20分

秦野盆地湧水郡へのアクセス

(1)小田急小田原線秦野駅から徒歩で2分(「弘法の清水」)
(2)小田急小田原線秦野駅からバスで45分(「護摩屋敷の水」 神奈川中央交通バス(秦21)「ヤビツ峠」行き)
「ヤビツ峠」バス停から徒歩で30分
(3)東名高速道路秦野中井ICから車で45分