読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷手帖(Shibuya note)

秦野市在住のデザイナー・Shibuyaのライフスタイルブログ。暮らしを彩るデザイン、ポテト、ハーブ、エッセイ、レシピなどを紹介します。

#06 スイカと五月病

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:Autsby:20170507153821j:plain

 

大型連休の最終日に新物のスイカを食べた。まだ旬ではないけれどしっかり甘くみずみずしくておいしかった。暦の上ではまだ夏ではないのに、この気温と何年経っても慣れることのない湿度、夏の象徴のようなスイカを食べている事実から、まだ5月のはじめなのにすでに夏に突入しているのではないかと錯覚する。


5月の連休明けといえば五月病になる人が一番増える時期だと思う。この時期電車に乗っていると車内にいる多くの人の顔から生気が失われているように見えるのはほぼ間違いなくこの季節病のせいだろう。

五月病は新しい環境への期待、落胆、ストレス、今僕たちが感じているような気候の変化など日常にある些細なことがきっかけとなって起きる心身の変化のことだ。これは医学的には適応障害によって起こる不調のことをいわゆる五月病と呼んでいるのだけれど、現代ではこういうことは誰にでも起こりうるし、私たちの身近なまわりにも大なり小なり問題を抱えた人がいるはずだから、そういう人を見かけたときは今はそういう状態なんだなと思ってサポートをしてあげてほしい。

 

僕からは気が滅入っているときにはフルーツを食べることをおすすめしたい。(僕自身はは今日のように何もなくても年中毎日のように食べているけど)フレッシュな気分になれるし、何より美味しい。これからだったらスイカ、メロン、梨が甘くておいしい季節がやってくる。

 

新しい季節の訪れは食べ物でも精神的な変化でもわかるのだなと思った。