読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷手帖:SHIBUYA NOTE

秦野市在住のデザイナー・Shibuyaのライフスタイルブログ。暮らしを彩るデザイン、ポテト、ハーブ、エッセイ、レシピなどを紹介します。

暮らしとエッセイ、デザイン、ハーブ、ポテト、レシピ。

【2017年4月】Google Adsense、Amazonアソシエイトの最新の審査手順と注意点、通らないときに参考にしてほしいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ブログを書き始めた僕がGoogle adsenseAmazonアソシエイトの審査に通過した方法を書きます。

 

Google Adsenseを主軸に書きますが、Adsenseに受かるサイトであればAmazonも基本的には通過できるので参考にしてください。 

 

Google Adsenseの申請から審査、承認までの流れ

Google Adsenseの審査は1次審査、2次審査の二段階に渡って行われます。1次審査では申請するだけですが、2審査では直接サイト内にコードを貼りつけて審査が行われます。後述しますが、2次審査の内容が僕が参考にしていたいくつかの他のサイトの記事と異なっていたので注意が必要です。

 

登録

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google

Google Adsenseのページにアクセスして、Googleアカウントでログインをします。ページの案内に従って使用するアカウントを選び、サイトURLを記入、規約を読んだり、個人情報を記載したりしてから、お申し込みを送信をクリック。

間違いがなければお申込みありがとうございます。審査完了までしばらくお待ちくださいといった画面になります。

 

審査基準について

僕がAdsenseの審査に通ったときのサイトの状態

  • Tumblrを利用した独自ドメインのハーブの栽培記録や育て方、エッセイを中心としたブログ
  • 審査申請をしたときの記事数は7日間に渡って10記事を投稿
  • 自分で撮影したハーブの写真、風景写真、ハーブの種の絵の画像を計20枚以上は載せていた
  • 文字数は1記事あたり200-2000文字程度で、平均的には1000文字程度
  • アナリティクス、サーチコンソールに登録済み

独自ドメイン

必ず独自ドメインでないと通りません。サブドメインでもOKです。Tumblrは無料で独自ドメインが利用できるのでおすすめです。

記事数

僕は10記事で通りましたが、多いことに越したことはありません

文字数

文字数は重要ではありません。もちろん多いことに越したことはありませんが、重要なことは自分の言葉で体験や役立つ情報を書いてあるかということです。

画像

僕が参考にした大半のサイトでは画像はだめだと書いてありましたが正しくは、掲載してもよい画像とダメな画像があるということです。 良い画像→自分に著作権がある画像(撮影、作成したもの)/悪い画像→マンガ・アニメ・ゲームやテレビのキャプチャその他自分以外に著作権があるもの、Googleの規約に違反するもの。 

審査時間、日数

審査時間は正直まちまちのようですが僕の場合は1次審査は2日、2次審査は1日以内で結果が出ました。 

審査中にできること、審査が終わらないとき

どうしようもありません。記事数を増やす、質を高めるなど改善しましょう。

 

 

2次審査に進んでくださいといったような文言が無いので注意

1次審査の完了メールが届いた方はおめでとうございます。

ところが、ここで注意が必要です。

僕が申請するとき参考にしていたいくつかのサイトに載っていたGoogleから届いたメール画面のキャプチャなどには「一次審査に通過しましたので二次審査に向かうために広告コードを作成してサイト内に貼り付けてください」のような文章がありましたが、実際に届いたメールにはそんな文言は無く、Title:お客様のサイトが AdSense に接続されましたというタイトルのメールが届き、これで終わり?審査の仕様が変わったのかもしれないと思い、もう審査は終わった気でいました。

ですが、翌日早朝にTitle:AdSense のお申込み状況というタイトルのメールが届き、不認証と記載されていました。

 

2次審査用に広告コードをサイトに貼りつける

原因は広告コードを貼りつけなかったことです。Adsenseに接続されたという文言に惑わされましたが、その後にコードを貼らないと2次審査には通れません。

すぐに申請し直し、また1次審査の通過メールが届いてからすぐに広告コードをサイト内に貼りつけた結果、24時間以内にTitle:いよいよ広告配信が始まりました。というタイトルのメールが届き無事承認になりました。

 広告は「+新規広告ユニット」から作成して、貼りたい場所にコードをペーストします。

広告が表示されないとき

すぐには表示されません。広告コードを貼りつけてから数時間ほど経った後から実際に表示されます。 

 

 

 

*この情報は2017年4月時点での情報です。Googleは日々改善され続けているので仕様が変わるときが来るとは思いますが、この記事が参考になれば幸いです。